サニタリーバルブの常識をくつがえす「SPV」(スーパー ポケットレス バルブ)
流体・粉末・粘質物など、製造ライン洗浄の悩みを解決!

サニタリーバルブとは?

食品・医薬品・化粧品等の製造ラインように、高度な衛生管理が要求される製造ライン(サニタリーライン)で使用されているバルブがサニタリーバルブです。開閉というバルブの基本性能に加えて、「接液部に液溜りやポケット(洗浄の死角)がないこと」「分解・組立が容易であること」「バルブ内部の構造がシンプルであること」が重要です。

バルブの洗浄時間短縮、コストを削減

スーパーポケットレスバルブは、ピンチバルブ機構を応用し、サニタリーバルブにもとめられる性能を完全に実現したバルブです。SPV(スーパーポケットレスバルブ)は、流露に一切の構造物が存在しないゼロポケット構造であるため、COP(分解洗浄)・CIP(自動洗浄)・定期メンテナンスにおいて究極のコスト効果を発揮します。

導入事例(食品・飲料工場、製薬工場・化粧品工場)

チーズ・ヨーグルト・アイスクリーム等乳加工品、マーガリン・ショートニング等油脂、ドレッシング・マヨネーズ・たれ等調味製品、トマトジューズ・栄養ドリンク等飲料などの食品工場に加えて、製薬工場や化粧品工場にも広く導入されています。また、液体だけでなくスラリー(液体と固形物の混合体)や粉体用のバルブとしても注目。日本国内からドイツ・アイルランド・アメリカ等サニタリー先進国にも市場を拡大中。

ニュース・お知らせ

Q&A

SPV 動画チャンネル